So-net無料ブログ作成

ダービースタリオン ブリーダーズカップ エキスパートクラスになったよ。100億 税務署 [ダービースタリオンマスターズ]

スポンサードリンク








エキスパートクラスになりました。


それにより、何が変わったのかというと、何も変わっていません。


少し、ブリーダーズカップの勝率が下がったかもしれません。


相手がつよくなったのかな?


勝率5割くらいかな。。。いまは。。


今だ、適当に作ったG1-2冠馬のヒモサンセットが筆頭になっています。


ただ、いままで、まとめて5頭出していたのだけれど、その意味合いがないような気がしたので、今は、1頭出しに限らせています。


そして、もう一頭のG1-2冠馬の牡馬が(名前を忘れてしまったし。それを見るために、アプリを起動する気にならないので、そのままにしておく)勝率3割くらいで勝つので、違うレースに登録して、勝負している感じです。


マスタークラスになるのも時間の問題かと。。。


ただ、ひとつ、問題が。。。


それが、


速度制限!!



もう最悪、うちのチビどもがユーチューブを見まくったために、速度制限がかかってしまった。


これで、アプリ的になんの問題もないのに、契約的な問題で停滞するようです。



くそ!


ジュラシックワールドさせているのに、ユーチューブまで見なくていいじゃん。


ふう。


ぐちは、ここまでにしておいて、ダービースタリオンあるあるを一つ。



高額繁殖牝馬は、めっちゃ簡単に死ぬ。



もう、なけなしの金使って高額の10億繁殖牝馬を購入し、高星の種付けをして、一年を早送りしていると、すぱっと、いとも簡単に高額繁殖牝馬が高星種牡馬の子を腹に残して死ぬ。


このやりきれない思いと、繁殖牝馬って死ぬことあるんだとゲームの残酷なシステムを思い出させてくれる。


確かに、昔からこのトラップあったわとも思うけど、今じゃなくていいやんというタイミングで死ぬので、高額繁殖牝馬を購入するのは気が引ける。


といいつつ、全ブログ記入から、3頭繁殖牝馬を購入しているが、13歳までの繁殖で決めないといけないので、3頭くらししか生むことができない。


ただ、13才に繁殖牝馬をセリに出せは3億帰ってくるので、実質7億で、3頭となる。


1頭、2億ちょっととなる。


馬体審査をする余裕ができるまで、いったいどれくらいかかるのだろうか?


けど、ダビスタは、100億いくと税務署が来るのでは、、、。


うーん。


はやく、ダビスタ大会とか、はじまらないかな。。。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました