So-net無料ブログ作成
検索選択

アイコスをヤフーオークションで購入しました。 [ブログ]

アイコスをヤフーオークションで購入しました。



使ってみて、体力の回復をとても感じます。

私は、ラークの1ミリを愛煙していましたが、アイコスでも全然問題ない感じです。
煙の感じはないです。肺にグッとくるあの感じはないです。
しかし、水蒸気を吸い込むので、温風をのどに感じます。これだけでタバコと同じ感覚がします。
ラークが好きなので、マルボロ系の味は微妙でしたが、もうすでに慣れてきています。
タバコを吸いたい感情は、かなり減ってきました。
ていうか、もう、火をつけて数タイプのタバコは、嫌になってきた気がします。
肺の苦しさがなく、タバコの嫌悪感もなく、ただ、リラックスするような感じです。

初めは、使い方に随分苦労しました。
まず、チャージャーをケーブルで充電しました。
それから、スティックをチャージャーに入れて充電しようとすると、なかなかなりませんでした。
ボタンが3つありますが、ひとつはカバーを開けるためのもの。
残りのふたつは、本体の電源と掃除のボタンだそうです。
こういうものは、説明書を読まないで使用するのが流儀だったのですが、早く使いたくて説明書を読みました。

充電ができなかったのは、いろんなボタンを押して電源を切っていたからのようでした。
電源を入れてから、スティックを入れてみると、何の反応もありません。
ただ、待ってみて、スティックを出してみると、ランプが点灯しています。
お!充電完了だ!

さっそく、葉っぱを入れてみて、ボタンを長押し、点滅が点灯にかわり、準備完了!
人生初のアイコスを吸った瞬間でした。
商品が届いてから、2時間ほどかかっていました。
はじめての感想は、「くっさ!」でした。
次は、「これは楽だな。。。」でした。
最後は、「灰も煙もでないのは良いな。」
そんな感想でした。

みなさん、タバコを吸っていると一年でコップ一杯のタールを摂取することになるそうです。
びびりませんか?
私は、この一行を見たときに鳥肌が立ちました。
スポーツマンとしてアスリートとして致命傷だなと、父親として自ら早死にする事を選んでいると、もともと肺に病気があるのにと、ネガティブが一気にやってきました。
そして、アイコスの存在を知り、急いで購入しました。
オークションで。
巷では、全然売っていません。在庫不足だそうです。
たまごっちと同じ状況です。

少し、高かったですが、12000円で購入しました。
まだまだ、料金が上がるそうです。
これで、禁煙が成功したら、そこそこの値段で売ってやろうと考えています。

使っていての問題点は、葉っぱを入れるときに、ポジションを変えようと抜き差しすると、スティックの充電がんくなった状態になることです。
いまいま、吸いたいというときに再充電が必要になります。
続いて、前に使った葉っぱが残っていて、うまく刺さらず、新しいほうをダメにしてしまいます。
これは、完全にミスです。
吸い終わったら、スティックの中を確認してからしまうのがベストです。
葉っぱを差し込みすぎると、充電キレの状態になります。
とっても、デリケートのようです。

使っていての楽しみ方は、タバコを吸っているというよりは、水タバコを吸っているような感じがします。
そう、昔、楽しんだ思い出がよみがえってきます。
正直、タバコは1ミリ、煙が苦手だったので、私にとってアイコスは、最高の相棒になりそうです。



windows10のブルースクリーンについて 対応 工場出荷状態 [コンピュータ]



MACのブートキャンプを使って、windows7を入れていました。
windows7をwindows10に無料アップグレードできるという事で、ラッキーと思い軽い感じでwindows10にアップグレードしました。
それが、いけなかった。

立ち上げ時に20秒以上フリーズすると、ディスプレイが青一色になり、自動で再起動するという紋々の元、落ちてしまうというブルースクリーンエラーに見舞われました。
エラー解析が100%になっても、再起動されることはなく、手動でシャットダウン(電源ボタン長押し)して、また、電源ボタンで起動することをしていました。
しかも、なんどもブルースクリーンになるので、何度もこの操作を行い、3~4回繰り返して、やっと安定するほど、問題を抱えていました。

私がした対処方法
1.windows7の残データを消す。
システムツールのディスククリーンアップを使い、Cドライブを選択して、その後、システムのクリーンアップを選択して、windows7の残データにチェックを入れて削除しました。
マシーン自体のスピードは、かなり上がりました。
これで、ひと段落だと思っていたら、また、ブルースクリーンエラーに、「くそwindows!」と思いました。

2.スタートアップのプログラムを止めました。
ドロップボックスや、Gドライブなどのスタート時に起動するソフトを止めてみました。
安定。通常軌道になりました。
よしよしと、MACにOSを切り替えて、再度、windowsにしてみるとブルースクリーン「くそwin!」と少し言いました。

3.あきらめて、windowsを何度もトライして起動できたら、自動電源オフをなしにして、自動スリープもなしにして、起動しっぱなしにすることで、使い続けました。
起動時のみのエラーだたので、起動しなければ余裕!と思って、問題は解決した気でいました。
しかし、数日後、上司から、「電源消して帰れ」という命令が。。。
なくなく電源を消して帰ったら、案の定、次回起動時にブルースクリーン。。。「、、、。」ぐうの音もでませんでした。

上記1~3をしたところで、起動時のブルースクリーンは解決しません。
いろいろなネットで調べたところ、windowsをインストール時に問題が発生し、システム自体が壊れている可能性が濃厚の事。。。
対策して、かなりの時間と費やしたので、なんとか修復したいと思い、システムをいじってみることに。。。
やってみるものの、なんの解決にもなりませんでした。
そして、なくなく、再インストールを決断!
工場出荷状態にすることに。。。

工場出荷状態、、、とても、懐かしい響きだ。
windows98を使用していた時は、いろんなサイトに行きいろんなウィルスに感染しいろんなダウンを経験し、なんども工場出荷状態に戻したもんでした。
当時は、まだ、未成年。。。
壊れたら、戻したらよいという簡単な考えしかなかったな。。。
個人情報なんて、全然気にしていなかったし。

センチメンタルな思い出はさておき、工場出荷状態にする作業開始。
ものの30分程度で終了!
なんと簡単なことでしょう!
そして、コンピュータの状態は、すこぶる良好!
「windowsとっても使いやすいやん!」と、初めて思いました。

さて、仕事するかと思いきや、え!officeないやん!
え!住所録もないやん!
え!フォントもないやん!
え!タッチパネル使えないやん!
え!全角半角ボタンないやん!
え!ブートキャンプないやん!

となり、復旧作業は続きました。

ブルースクリーンは、工場出荷状態に戻してから、一度も起こっていません。
それだけでも、救いです。
全ソフトがない状態で、ブルースクリーンが起こった暁には、windows事態を消しかねませんでしたから。。。
windows7で全然問題なかったのに、なんでwindows10にしなければならないのかという、苛立ちだけが残りました。

同じ現象に陥っている人の健闘を祈ります。